Home > エレベーター修理 > バリアフリーのエレベーターとは

バリアフリーのエレベーターとは


道路や建物にバリアフリーの工夫を取り入れたところが増えています。

例えば視覚障害についての点字ブロックや、車椅子などが通りやすいようなスロープを付けたりといった形で、障害のある方でも行動しやすい工夫がされています。

エレベーターの故障と修理

エレベーターも同様にバリアフリーにつながる工夫がされているものが増えているのです。

車椅子の方が利用しやすいよう、操作盤を低い位置に設置したり手すりをつけたりといった形で使いやすくしています。

さらに、視覚障害の方向けにドアの前に点字のマットを設置したり、操作盤に点字を配置してわかりやすくしたりという形も取り入れられています。

さらに、ドアが開く時間を長くするなどの工夫もされていることがあります。

Home > エレベーター修理 > バリアフリーのエレベーターとは

Return to page top